« 猫クロッキー | トップページ | おんなたち(アメリカ映画を観ながら) »

散髪日誌1:サイドと短い前髪

070218_2070218_1


新境地でした。

サイドの毛量を減らしたくて
もみあげを短くしました。
すると、
横髪がとても耳にはさみやすい。
(量が多くて耳上に収まらなかったのです)
しかも、「邪魔なのではさみました」という事務的な印象が取り払われ、
ヘアスタイルとしてちゃんと地位を確立した感じです。
普段どおりサイドを下ろした時も、髪の毛の間から耳が時折見え、
いわゆるチラリズムの魅力が加算されました。

切る前から前髪は眉毛の上でしたが
眉上3〜4センチにまで切りそろえ、
「おでこの上に掛かってます」という感じだったのが、
「顔を縁取ってます」という長さになりました。
ちょっとの事では揺れたりなびいたりしません。
長さが短くても「おかっぱ」と認識される(する)には、
前髪と横髪とにコントラストがあるというのがポイントです。

今回の散髪は、打開策が無くて悩んでいた時に、
自分で数日前に描いた絵がヒントになりました。
かなり潔い仕上がりで
顔の立体感が出てとても良い出来。
春らしい気分になりました。

|

« 猫クロッキー | トップページ | おんなたち(アメリカ映画を観ながら) »